開催概要

名  称
東京国際消防防災展2018(FIRE-SAFETY TOKYO)
(英語表記:Tokyo International Fire and Safety Exhibition 2018)
開催趣旨
過去の災害を教訓とした各種災害リスクを周知し、都民等の防火防災意識及び行動力を向上させるとともに、住民・企業・行政による三者相互の連携強化並びに関連技術・産業の振興を促進することを目的とする。
会  期
平成30年(2018年)5月31日(木)から6月3日(日)まで 4日間
開場時間
10:00から17:00まで(最終日は16:30まで)
会  場
東京ビッグサイト 東6・7・8ホール、東棟屋外展示スペース
主  催
東京消防庁/株式会社東京ビッグサイト/東京国際消防防災展2018実行委員会※
特別協力
公益財団法人 日本消防協会/全国消防長会/アジア消防長協会(順不同、申請予定)
後  援
内閣府/ 総務省消防庁/ 外務省/ 厚生労働省/ 経済産業省/ 国土交通省/ 気象庁/ 海上保安庁/ 防衛省/ 東京都/ 米国大使館商務部/ 英国大使館貿易・対英投資部 (順不同、申請予定)
協  賛
一般財団法人 全国消防協会/ 一般社団法人 全国消防機器協会/ 一般社団法人 日本消火器工業会/ 一般社団法人 日本消火装置工業会/ 一般社団法人 日本消防ポンプ協会/ 一般社団法人 日本消防放水器具工業会/ 一般社団法人 全国避難設備工業会/ 一般社団法人 日本消防ホース工業会/ 一般社団法人 全国消防機器販売業協会/ 一般社団法人 日本消防標識工業会/ ケーブル防災設備協議会/ 一般社団法人 電池工業会/ 一般財団法人 日本気象協会/ 日本消防検定協会/ 一般社団法人 日本照明工業会/ 一般社団法人 日本内燃カ発電設備協会/ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)/ 一般社団法人 日本民間放送連盟 (順不同、申請予定)
会場規模
38,330m2(屋内23,430m2、屋外14,900m2)約1,000小間
入場料金
無料(登録制)
来場対象
  • 消防防災関係者(行政の防災担当部署、消防職員・団員、NPO、自主防災組織等)
  • 民間企業の防災関連責任者、担当者
  • 一般市民
※東京国際消防防災展2018実行委員会 会員
公益財団法人 東京連合防火協会/ 損害保険ジャパン日本興亜株式会社/ 一般財団法人 東京都消防懇話会/ 東京消防機器研究会/ 公益財団法人 東京防災救急協会/ 東京消防信用組合/ 一般財団法人 東京消防協会/ 一般社団法人 東京防災設備保守協会/ 公益財団法人 日本防炎協会/ 東京ガス株式会社/ 日本たばこ産業株式会社/ 明治安田生命保険相互会社/ 一般財団法人 日本消防設備安全センター/ 東京地下鉄株式会社/ 櫻護謨株式会社/ 株式会社ゼンリン/ 株式会社モリタホールディングス/ セコム株式会社/ 東日本旅客鉄道株式会社/ 一般財団法人 消防試験研究センター/ 株式会社日立製作所/ 有限会社報恩会/ 一般社団法人 日本火災報知機工業会